登山グッズ紹介

VOL04 夏のウェア

夏のウェア 快適登山のキーアイテム

夏の高尾山。匂いたつような緑に囲まれながら歩くことは、夏ならではの楽しみです。
一方、暑さは避けようがありません。そこで大切なのはウェア選び。直接お肌に接するモノなので、快適な山歩きを左右する大切なアイテムです。
また最近は機能だけでなく、デザイン面でも魅力的なウェアがたくさんあります。
自分の好みにあわせたチョイスで、楽しく快適な高尾山歩きにでかけてみませんか?!

好日山荘 調布パルコ店 渡邊綾子さん
好日山荘 調布パルコ店 渡邊綾子さん

夏のウェア その選び方

高尾山のような低山では一般的に、半袖のトップス1枚と、パンツやショートパンツ(タイツと組み合わせて)、そして(特に女性の方などは)日焼けや虫刺されを避ける意味で薄手の長袖を追加するというスタイルでも十分かも知れません。
しかし「山のウェア選び」の基本を意識したアイテムを選べば、一層快適な山歩きになります。

店頭に並ぶウェアの数々。選ぶ楽しみも
店頭に並ぶウェアの数々。選ぶ楽しみも

シャツの選び方

半袖か長袖か?

日焼けや虫刺されの予防だけでなく、転んだ時などのことを考えると、やはり長袖がベスト。
しかし夏の晴れた日の高尾山は相当暑いです。いつもどおりの綿素材のTシャツは乾きが悪く、不快な思いをします。高尾山とはいえそこはトレッキング。アウトドアブランドのウェアで気分も盛り上げ、快適に歩いてみてはいかがでしょうか。
半袖の場合は、特に日焼けや虫刺され対策をお忘れなく。

Tシャツ

やはり基本の1枚。
見た目は一般の綿素材のようですが、ポリエステルを含んだ吸汗速乾素材を使用したモノが多く、更に+αの機能として防臭機能のあるものも。
沢山あるバリエーションの中からお気に入りのモノを探しましょう。

ユニオンジャックマグ ショートスリーブTシャツ

シェイブドアイスクライミング ショートスリーブTシャツ メンズ
Berghaus(バーグハウス)

3,700円(税別定価)

機能性シャツ

より本格的で機能的なものをと考えるならコレ。
メッシュ素材で脇のところなどが粗いメッシュになっていたりして、通気性を確保しています。
デザイン、バリエーションも豊富なので好みの1枚を探してみましょう。
また、高尾山をきっかけに色々な山に行くことを考えるなら、より快適、そして安全性を考えて機能性のシャツを選びましょう。

ロングスリーブ アルファドライ ジップアップ メンズ

ロングスリーブ アルファドライ ジップアップ メンズ
THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)

6,900円(税別定価)

また女性には、デザインも可愛らしくカジュアルな感じの、襟つきシャツなどもオススメ。
下山後に街中を歩くときも違和感がありません。
見た目はカジュアルですが、山向けのモノは、吸汗速乾、防臭、UVカットなど、各社で色々な機能・素材を工夫しています。

ホワイト ローズ シャツ ウイメンズ

ホワイト ローズ シャツ ウイメンズ/MAMMUT(マムート)

8,300円(税別定価)

スタイルに関しては個人個人のお好みにあわせて選べるのが、高尾山の魅力かも知れませんね。

あると便利なウインドブレーカー

万が一の時だけでなく、休憩時間にちょっと肌寒さを感じる時などにも、1着用意したいのが「ウインドブレーカー」。
高山の場合は、軽いダウンやフリースになりますが、高尾山の場合はそこまでなくても大丈夫。
そこで活躍するのがウインドブレーカーです。

ウインドブレーカーの代わりに雨具でも代用は可能ですが、意外と出し入れが大変なもの。
気軽に出し入れできて、携帯性を考えるとウインドブレーカーはオススメです。
畳んで収納すれば、なんとおにぎり一個分くらいの大きさに!

携帯性に優れるウィンドブレーカー。万が一の時に備えて是非持参したいウェア。
携帯性に優れるウィンドブレーカー。万が一の時に備えて是非持参したいウェア。

高尾山ではあまり心配することはありませんが、風を受けると体感温度が下がります。高山ではそれが原因で低体温症になることも…。
これからあちこちでトレッキングを楽しみたい方にはこういったウィンドブレーカーがあると安心でしょう。小さく収納できるので、普段持ち歩いたり旅行にも便利です。

ウィメンズエイダウィンドシャツ

ウィメンズエイダウィンドシャツ/berghaus(バーグハウス)

13,000円(税別定価)

「ソフトシェル」というストレッチ素材などを使ったものもあります。
標高の高いところでは活躍しますが、夏場は少々暑いかもしれません。春秋の使用に適します。

パンツの選び方

まず最初に選ぶ1本という意味では「ロングパンツ」か、膝のあたりで切り離せる「コンバーチブルパンツ」がオススメ。
サポートタイツも履きたいという方は「ショートパンツ」も選択肢の一つです。
登山用のパンツは、ポケット内部がメッシュ素材で空気を取り込めるベンチレーターの機能を持ったモデルもあります。

ポケット兼通気に
ポケット内部はメッシュ素材。通気性も考慮されている。

オールシーズン対応のものもありますが、汎用性は高い一方、夏場の高尾山に限って言えば少々暑く感じるかもしれません。薄手の素材がオススメです。

ロングパンツ

wear05

カミノパンツ/finetrack(ファイントラック)

14,000円(税別定価)

コンバーチブルパンツ

wear06

アクト イージー コンバーチブル パンツ/Marmot(マーモット)

12,000円(税別定価)

ショートパンツ

wear07

ジャーニー サマー ショーツ/karrimor(カリマー)

8,300円(税別定価)

サポートタイツの効能

近年、着用している人を多く見かけるサポートタイツ。
いったいどんな効果があるのでしょうか?

サポートタイツには、着圧によって血行を促進するという機能があります。
足の下から上へ徐々に圧力を弱めながら絞めることで、下に滞ってしまう血液を上に流れやすくするのです。これによって疲労軽減につながります。

また、テーピング効果で膝や股関節、腰をサポートするので、筋肉痛や膝の痛みの予防までも期待できます。

効果・効能も抜群のサポートタイツ。デザイン重視のカラフルなものも豊富。
効果・効能も抜群のサポートタイツ。デザイン重視のカラフルなものも豊富。

デザインのバリエーションも豊富で、カラフルなタイツも人気です。
ショートパンツを選んだときには、タイツを履くことで日焼け防止の効果もあります。

一度は試して、その違いを確かめたいアイテムですね。

インナーの効能

肌に一番近いものだからこそ、高機能を実感しやすいもの。
様々なメーカーが色々な機能のインナーウェアを出していますが、主な機能としては、

吸湿・速乾
抗菌・防臭

があげられます。
また、汗冷えを防ぐドライインナーが最近注目されています。

一段上の快適さを実現してくれるインナー。種類も豊富
一段上の快適さを実現してくれるインナー。種類も豊富

ドライインナーとは

ドライインナーは、一般的な吸湿速乾アンダーウェアの下に着るウェア。
生地自体は水分(=汗)をはじいたり、まったく吸わない素材で出来ています。
汗を生地が吸うのではなく繊維の隙間から汗を逃がし、汗自体は上に着るウェアに吸わせて乾かすというもの。こうすることで、肌に密着する部分(インナー)は常にドライな状態なのでサラサラ感が持続します。

山に行くならドライレイヤー
「山に行くならドライレイヤー」

暑がりで汗っかき(編集部員もそのタイプですが)な人は夏場は出来るだけ涼しくと考えて、重ね着は避けていると思います。
しかし、そんな人こそ、吸湿速乾シャツとドライインナーの組合せを試してみましょう。快適で汗冷えも防いでくれるはずです。

肌に一番近いウェア=インナー。快適な山歩きを左右する大切なアイテムです。

オススメアイテム「メリノウールシャツ」

ウールのインナーは真夏でも快適
ウールのインナーは真夏でも快適

最後にご紹介したいのは、メリノウールシャツ
夏場にウール?と思われるかもしれません。しかし見た目も肌触りも優しく綿シャツのよう。
ニュージーランドの羊・メリノ種の毛から生まれたこの素材は、素材自体が呼吸をするので夏は涼しく、冬は暖かい。
天然のエアコン効果とでもいう優れた素材です。

メリノウールシャツの主な特徴
メリノウールシャツの主な特徴

上の写真にもあるように、 メリノウールは、

・抗菌効果で嫌な匂いが不思議と残らない
・チクチクしないので化学繊維が苦手なお肌の弱い方にもオススメ
・汗で濡れた後のあの冷たい感じがしない
・サラッと快適。乾きやすい
・縮まないので洗濯も普通に可能

という特徴を持った優れた素材です。
天然のUVカット効果があるので、ぜひ試したい快適アイテムですね。

ウィメンズ ショートスリーブ Uネックティー

ショートスリーブ ティー/smartwool(スマートウール)

7,500円/7,600円(税別定価)

* * *

やはり山向きに開発されたウェアは機能性、快適性が段違い。
またデザインも豊富で色もカラフル。タウンユースに適したものも沢山あります。
自分なりのコーディネートで1ランク上の高尾山歩きをしてみませんか?

店舗写真好日山荘 調布パルコ店

〒182-0026 東京都調布市小島町1-38-1 調布パルコ6F(GoogleMap
TEL:042-426-8055
営業時間:10:00~20:30(※金曜日のみ 10:00~21:00)
好日山荘HP:http://www.kojitusanso.jp/

この記事をシェア