食べもの・グルメ

日光屋

昔ながらのたたずまいのおそば屋。懐かしいお土産も必見

高尾山のふもとのおそば屋さんは、参道などケーブルカー駅方面に集中しているのですが、この日光屋さんは甲州街道を挟んで反対側に位置し、ちょっと離れた場所にあります。
お店の雰囲気は、外観も内観も昭和の雰囲気を残した懐かしい感じ。
隣にはお土産屋さんも併設しています。

日光屋の外観。高尾山口駅から甲州街道を挟んで反対側にあります。

店内は4人掛けのテーブル席がいくつかあり、20席ほどはありそうです。
BGMはなんとクラッシックが流れていました。

メニューが壁一面に貼られていて、めん類、ご飯類、天ぷらなどの一品料理があります。
このお店は食券制になるので、注文が決まったら食券売場で食券を買いにいきましょう。

めん類のメニュー。
天ぷらの種類が充実しています。
店内奥にある食券売場。

この日は名物とろろそばを注文してみました。

この食券も昭和感があって、レトロ好きにはたまりません。

おそばが出てくるのを待っている間、店内を見ていると、古そうな絵地図が貼られているのを見つけました。

食券売場のそばに貼られていた地図。

多摩御陵まで電車(赤い線)が通ってるところを見ると、戦前の絵地図のようです。右下にある「初三郎」で調べてみると、大正・昭和に有名だった鳥瞰図絵師みたいです。こんな地図があるのが、お店の歴史を感じさせます。
(この地図、すごい欲しいです)

そうこうしているうちに、おそばが運ばれてきました。

とろろそば 780円

おそばは、そば粉と小麦粉、とろろ粉を、6:3:1でブレンドし、平たくのばした特注品を使用とのこと。
食感はスタンダードなおそばで、おいしくいただきました。
高尾山のおそば屋さんは、それぞれ麺の太さやとろろの載せ方などが違って各店で特色があるので、それを比べてみても面白いですね。

グルメサイトのレポートを見ていると、天ぷらが美味しいようで、お酒を飲みながら天ぷらを食べている方も結構いるようです。
今度はそんな感じでも楽しんでみようかな、と思いました。
お値段も高尾山の他のお店に比べてリーズナブルなので、もう一品が気軽に頼めそうですね。

おそばをいただいたところで、帰りに隣に併設されているお土産コーナーにも寄ってみました。
こちらも品揃えが懐かしいものがたくさん!

おみやげコーナーの外観。

中でも店頭にある「ペナント」は、おそらく高尾山ではここでしか置いてないのではないかと思われます。
昔は全国の観光地で定番のお土産だったペナントですが、最近では見ることも少なくなってきました。

高尾山のペナントに胸アツです。
店内には木彫りの土産品や懐かしい玩具などが並びます。

とろろ芋などの地野菜も販売していて、ふもとの他のお店にはない品揃えになっています。

様々なサイズのとろろ芋が販売されています。

参道やケーブルカー駅前などの、お店が軒を連ねるエリアからは少し外れていますが、他とは違った懐かしさを感じるお店でもあります。
参道の混雑からちょっと離れて、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

基本情報

住所 東京都八王子市高尾町2264
TEL 042-663-9008
HP http://soba-toto.com/

営業時間
9:30~16:30
定休日 木曜日
※営業時間・定休日は変更となる場合あり

メニュー

とろろ芋天ぷらそば 850円
とろろそば 780円
山菜そば 780円
ざるそば 590円

とろろ芋の天ぷら定食(ミニそば付) 980円
とろろめし(ミニそば付) 920円
カレーライス(サラダ付) 810円

とろろ芋の天ぷら 490円
とろろ芋の千切り 390円
山うどの天ぷら 390円

この記事をシェア