HOME > 施設 > TAKAO599MUSEUM

TAKAO599MUSEUM

facility_cover_599museum

2015/8/11に、高尾山のふもとに新しい施設「TAKAO599MUSEUM」がオープンしました。
この施設は、八王子市が高尾地域の観光まちづくりの拠点として位置づける観光拠点施設。
しかし、市の建物とは思えない洗練されたデザインになっています。
アドバイザーとして日本デザインセンターの大黒大悟さんを迎えており、展示、グッズ、サイン計画、広告にいたるまで、綿密なデザインが施されています。

建物は2F建てで、1Fが展示スペース、2Fが「市民ギャラリー」になっています。
建物前には芝生広場があり、「599」をかたどったモニュメントもあり、くつろいだり遊ぶことができます。

モニュメントはベンチで座れるようです。

モニュメントはベンチで座れるようです。

エントランス。ガラス張りの部分が多く、透明感あふれる建築。

エントランス。ガラス張りの部分が多く、透明感あふれる建築。

入り口を入るとすぐミュージアムショップがあります。
Tシャツをはじめ、クオリティ高いオリジナルグッズが販売されています。

ミュージアムショップ。Tシャツはモンベル製でした。

ミュージアムショップ。Tシャツはモンベル製でした。

メイン展示「NATURE COLLECTION

1Fの大部分を占めるのが、16の展示台からなるメイン展示「NATURE COLLECTION」。
アクリル樹脂に封入された草花や、昆虫標本が並べられています。

1F展示室に入ったところ。

1F展示室に入ったところ。

2Fから俯瞰した展示室。

2Fから俯瞰した展示室。

カブトムシや蝶(アサギマダラ)が飛ぶ様子を観察できます。

カブトムシや蝶(アサギマダラ)が飛ぶ様子を観察できます。

高尾で見られる植物が展示されています。

高尾で見られる植物が展示されています。

ユキノシタ、キキョウ、ホタルブクロなど

ユキノシタ、キキョウ、ホタルブクロなど

蝶や昆虫なども多数展示されています。

蝶や昆虫なども多数展示されています。

映像展示「NATURE WALL」

高尾山に棲む動物たちの剥製と、プロジェクションマッピングを使った映像を組み合わせた作品です。
オープン初日は、館内の人の集まり具合で、不定期に上映されていました。
上映時間は約7分です。

壁にはイノシシやムササビなどの動物や鳥の剥製が展示されています。

壁にはイノシシやムササビなどの動物や鳥の剥製が展示されています。

上映時には壁に映像が投影され、ダイナミックな演出を体感できます。

上映時には壁に映像が投影され、ダイナミックな演出を体感できます。

映像の製作は、NHK「デザイン あ」の「思ってたんとちがう!」を手がける柴田大平さんが担当。音楽はNHK「日曜美術館」の阿部海太郎さんやコーネリアス小山田圭吾さんが担当していて、有名クリエーターによる作品も大きな見どころです。

NATURE WALL横にはムササビの展示も。

NATURE WALL横にはムササビの展示も。

情報ガイド「599 GUIDE」

1F奥の壁面には、情報ガイド「599 GUIDE」がモニターで流されています。
・高尾山マナー講座
・高尾山の歩き方(ルート紹介)
・発見!高尾山の秘密(数字で知る高尾山の魅力)
を、順番に見ることができます。
どの映像もアニメーションを効果的に使い、わかりやすく解説されています。

高尾山マナー講座

高尾山マナー講座

高尾山の歩き方

高尾山の歩き方

発見!高尾山の秘密

発見!高尾山の秘密

「599 CAFE」

芝生広場に面した開放的なスペースには「599 CAFE」があり、軽食をとったり、休憩することができます。
多摩産材のテーブルとイスを利用した空間は、今まで高尾にありそうでなかったくつろぎのスペースになりそうです。

カフェはどことなく無印良品を思わせる雰囲気。

カフェはどことなく無印良品を思わせる雰囲気。

「高尾珈琲ブレンド」をはじめとした飲み物やピザトーストなどの軽食が提供されています。
八王子 磯沼ミルクファームのミルクを使った、ソフトクリーム、サンデー、ワッフルなどのデザートもおいしそうです。

599 CAFEのメニュー

599 CAFEのメニュー

ソフトクリームを頼んでみました。濃厚でおいしいです。

ソフトクリームを頼んでみました。濃厚でおいしいです。

その他

1F奥には、キッズスペース「PLAY MOUNTAIN」があります。
高尾山の起伏を再現した子供用の遊び場。靴を脱いで遊びます。

まだ山に登るには早い子供も楽しめる?

まだ山に登るには早い子供も楽しめる?

子供連れのファミリーには、こういう空間があるとうれしいですね。

2Fには市民ギャラリー「PUBLIC GALLERY」があり、イベントや会議に利用できそうです。
オープン初日はパネル展示がされていました。

市民ギャラリーの様子。

市民ギャラリーの様子。

ちなみに大部分が吹き抜けのつくりなので、2Fはこの市民ギャラリーだけになっています。

TAKAO599MUSEUMは、展示だけではなく、災害用品を備蓄するなど高尾山麓における防災拠点にもなっています。
一見おしゃれな展示だけの施設かと思いきや、そこはしっかりと行政によってつくられた多面的な役割を果たしていそうです。

高尾山口駅周辺の再開発とも合わせ、TAKAO599MUSEUMのオープンで、高尾山周辺はますます賑やかになってきています。
老若男女で楽しめる施設になっていますので、高尾山に来たときはぜひ立ち寄ってみてください!

* * *

高尾山マガジンでは、TAKAO599MUSEUMの館長さんと八王子市のご担当者様に、インタビューを行いました。
この施設がつくられることになった経緯や、施設の役割などについてお話を聞いています。
ぜひご覧ください。
→「VOL10 TAKAO 599 MUSEUM | インタビュー

基本情報

住所 〒193-0844 東京都八王子市高尾町2435番3

TEL 042-665-6688

FAX 042-668-8631

HP http://www.takao599museum.jp

開館時間
8:00~17:00 (4月~11月)(最終入館 16:30)

8:00~16:00 (12月~3月)(最終入館 15:30)

休館日 年中無休

入館料 無料

 


公開日:2015/8/12 

最新情報

標高599m