見どころ

ケーブルカー

日本一急勾配のケーブルカー。高尾山の中腹までわずか6分。

高尾山ではケーブルカーを利用することで、登山コースを使わなくても中腹まで行くことができます。
ケーブルカーは、ふもとの「清滝駅」(海抜201m)から山腹にある「高尾山駅」(海抜472m)までの271mを、約6分で登ります。

ふもとの清滝駅は、京王線の高尾山口駅から徒歩5分という近さにあります。
ケーブルカーのみならず、登山道のスタート地点も近くにあり、清滝駅前広場はお店も集まっていて大変賑やかです。

ふもとの清滝駅。駅前広場は登山の準備や待ち合わせなど、高尾山観光の拠点となっています。
清滝駅の改札前には、八王子市観光大使である北島三郎さんの黄金の像があります。

車両は緑の「あおば号」と赤の「もみじ号」があり、清滝駅と高尾山駅から同時に発車します。
中間地点ではすれ違うときは、観光客がお互いに手を降ったり写真を撮る光景が見られます。

中間地点で上りと下りがすれ違います。

山腹の高尾山駅近くでケーブルカーは角度が最も急になり、その角度は31度18分と、ケーブルカーの線路としては日本一の急勾配を誇ります。

ちなみに、使用しているロープは安全率が10倍以上のものが使われていて、万一切れたとしても、わずか2メートルほど滑っただけで安全に停止ができる構造になっているとのこと。

ケーブルカーの改札は自動改札ではなく、昔ながらの切符にハサミを入れるスタイルです。
ただ、券売機でパスモ・SUICAを使うことはできます。
まず切符を買ってから列に並びます。混雑時は行列ができていて分かりにくいのですが、列に並ぶ前に切符を買っている必要があります。
最も混雑する紅葉時期の週末やゴールデンウィークには、整理券が出ることもあります。

ハイシーズンには行列ができ、かなり待つことも。

料金

大人 小児
片道 480円 片道 240円
往復 930円 往復 460円

※ 2014年4月に料金が改定され新運賃になりました。
※ 小学生は小児料金、中学生以上は大人料金となります。
※ 未就学児は、大人1名に付き1名無料。
※ 団体料金、定期もあります。詳細は高尾山登山電鉄のHPをご覧ください。

時刻表

高尾山ビアマウント開催時期や、ダイヤモンド富士、年末年始には、延長運転が実施されます。

始発 運行間隔 乗車時間
8:00 15分 約6分間

※ 混雑状況によっては、始発が早まる場合があります。
※ 清滝駅と高尾山駅は、同時に発車いたします。

終発

  平日 土日祝
1月・2月 17:15 17:30
3月 17:30 18:00
4月・5月 18:00 18:30
6月 17:45 18:00
7月・8月 18:00 18:30
9月・10月・11月 17:45 18:00
12月 17:15 17:30

※ 高尾山ビアマウント開催中は、終発が21:15となります。(ビアマウント営業中止の場合は時刻表どおり)
※ ダイヤモンド富士の時期(冬至前後)は、終発が18:00となります。
※ 大晦日は終夜運転を行います。

設備

ホームに犬猫用のケージが置かれています。使用している方を見たことはないのですが、ケージを借りることができそうです。

ホームに置かれたケージ。

関係サイト

高尾山登山電鉄
ケーブルカー運営会社のサイト。
点検整備等により運休などする場合もあるので、こちらでチェックしてみましょう。