ブログ

高尾山紅葉シーズンの混雑状況 2018年版。ふもとから山頂まで

編集部

投稿者:

世界一登山客の多い山である高尾山には年間を通して多くの人が訪れますが、その中でもGWと紅葉の時期はかなり混雑します。
例年、11/23(勤労感謝の日)あたりが紅葉の見頃になり最も混む時期になるのですが、その混雑ぶりをレポートしてみました。
写真は今年(2018年)の11/23〜25に撮影したものですが、天気にも恵まれたお出かけ日和の3連休で、大変賑わっていました。

高尾山口駅

高尾山の玄関口になる京王線高尾山口駅。電車が着くたびに大勢の人が下車して、駅周辺は混雑しています。
(高尾山口駅周辺の写真は、10:30頃の様子です)

高尾山口駅の改札。構内のトイレは列ができています。
改札を出たところ。待ち合わせなどの人で混雑しています。
高尾山口駅からケーブルカー駅までは細い一本道。渋滞しています。

ケーブルカー清滝駅前

紅葉時期のケーブルカーには行列ができていて、すぐに乗車することができません。時間帯にもよりますが数十分待ちになることも。(商店の方に聞くと、ミシュラン登録後の最盛期には2〜3時間待ちになることもあったようなので、その頃に比べると空いてきているのかもしれません)
ケーブルカー清滝駅前の広場や参道にあるおそば屋さんも、お昼時には行列ができています。
(清滝駅周辺の写真は、12:30頃の様子です)

ケーブルカー清滝駅前広場。ケーブルカー待ちの人や紅葉を撮影する人で混雑しています。
ケーブルカー待ちの行列。
この日は紅葉屋本店さんの先まで行列が伸びていました。
この日はケーブルカーが70分待ち。ケーブルカーだけではなくリフトも待ちます。
人気のそば屋「高橋家」さんには、時間帯に関係なくいつも行列ができています。

登山道

ケーブルカーの待ち時間が長くなると、登山道を歩いた方が早く上まで着けることになります。(1号路を使ってケーブルカーの上の駅まで歩くとおよそ50分)
そのためケーブルカーをあきらめ1号路を利用する人も多く、登山道も混雑してきます。
(登山道の写真は、11時頃の様子です)

1号路を登る人々。いつもよりかなり混雑しています。
中間地点あたり(金比羅台近く)で皆さん腰をおろして休憩しています。

ケーブルカーが混雑していてやむなく登っている方が多く、登山・運動向きの服装ではない方も多くいらっしゃいます。
ケーブルカー分の距離を登るのは結構体力がいりますので、タオルや飲み物などは用意してから登った方がいいかもしれません。

あと、1号路は道幅があるので大丈夫ですが、6号路は道幅も狭く追い越しができません。そのため渋滞が起きやすくなっていていつもより時間がかかりますので、余裕のある計画をたてるとよさそうです。
(紅葉シーズン中、6号路は登りの一方通行です)

10/27~12/2 自然研究路6号路が登り一方通行に(2018)

ケーブルカー高尾山駅周辺

ケーブルカーの上の駅である「高尾山駅」。午後になると下りの人々でやはり待ちの行列ができます。
高尾山駅周辺にはケーブルカーの他、名物「天狗焼」や団子を販売している売店「高尾山スミカ」があり、こちらも行列ができています。
(高尾山駅周辺の写真は、13時頃の様子です)

右は「天狗焼」の行列。午前中は左のケーブルカーの列より長く伸びてました。
「天狗焼」の列は展望台の階段まで続いています。ここでしか買えないためか、すごい人気です。
高尾山スミカで販売している「三福だんご」も行列ができています。臨時の販売ブースが出ていてそちらでも購入可。展望スペースの前ということもあって混雑するエリアです。

薬王院

人気スポット薬王院も多くの参拝客で賑わっています。
山頂へは薬王院の境内を抜けて向かうことになるのですが、山頂近くの道は狭い階段になっていて、ここで渋滞が起きてしまいます。
(薬王院の写真は、12:30頃の様子です)

人気の「願叶輪潜」も行列ができています。
本堂から本社に向かう階段からは道が狭くなるので、混雑が始まります。
本社から山頂に抜ける道。この先にも狭い階段があり、通り抜けるのに時間がかかります。
山頂に抜ける階段を上から見たところ。

山頂

山頂に到着してもやはり混雑しています。十分な広さのある山頂ですが、お昼時は座る場所を探すのが大変なほど賑わっています。
山頂周辺には3軒のおそば屋さんがありますが、どこも行列ができています。
(山頂の写真は、12時頃の様子です)

1号路側から山頂に着いたところ。多くの人で賑わっています。
ビジターセンター前のエリア。
展望台に一番近いおそば屋「曙亭」には長い行列が。

山頂周辺には、山頂のすぐ下にある大規模なトイレ「大見晴トイレ」と、ビジターセンター横のトイレがありますが、どちらも行列ができています。

※11/27から「大見晴トイレ」が利用中止になっているようです。トイレの混雑が予想されますので、トイレは山頂の手前で済ましておいた方がよさそうです。

高尾山頂下 大見晴トイレが使用禁止に

山頂下にある「大見晴トイレ」はかなりトイレの数がありますが、それでも行列になっています。
ビジターセンター横のトイレも行列ができています。

車の渋滞

高尾山の駐車場は紅葉などのハイシーズンではすぐ満車になってしまいます。
駐車場に入れないと、ひとつ隣駅の高尾駅周辺のコインパーキングを探すことになります。
このシーズンは電車を利用することをオススメします。

駐車場に入れない車で渋滞が起きています。10:30頃の様子。

以上、ふもとから山頂までの混雑の様子をレポートしてみました。
紅葉シーズンの人出のピークは例年11/23の祝日周辺で、それを過ぎると空いてくる傾向にありますが、今年(2018年)は紅葉が遅く、12月に入っても混雑するかもしれません。
早めの時間帯は比較的空いていますので、早めの行動を心がけたり、あるいはルートも王道の1号路ではなく、比較的空いている3号路などを選択すると、快適に自然を楽しみながら登れるかもしれません。
紅葉狩りに高尾山に訪れる方は、このレポートを参考にして、上手に高尾山を楽しんでもらえればと思います。