食べもの・グルメ

紅葉屋本店

老舗のとろろそば。店頭販売の焼栗が新たな人気メニュー

高尾山口駅からの細い道を抜け、ケーブルカー駅前広場に出たところにある「紅葉屋本店」。
創業は明治27年と古くから高尾山にあるお店です。
お食事のほかにお土産コーナーも併設していて、最近ではその店頭で販売している「焼栗」が人気になっています。

左のお店が紅葉屋本店。ふもとの一番賑わう場所にあります。
紅葉屋本店の全景。右がおそば屋の入口で、左がお土産コーナーと焼栗。

店内は2017年の3月に改装したとのことで、大変きれいです。
奥には座敷もあって、川の流れを見ることもできます。

店内の様子。改装して間もないので、とてもきれいです。

お店のおすすめはもちろん、とろろそば。
うずらの卵が入っています。
とろろは混ぜ物を使わず、とろろ本来の味やコクをそのままに提供しているとのことでした。
おそばは細め。高尾山のおそばは太麺が多いですが、紅葉屋本店と向かいの高橋家は細めのそばになっています。

温かいとろろそば 980円

ミニとろろ飯とのセットもお得です。
おそばのメニューは、うどんへの変更も可能です。
限定で手打ちのもりそばもあるようなので、今度はぜひ試してみたいです。

おすすめメニュー。このほか、一品料理やデザートもありますよ。

最近は店頭で販売している「焼栗」が大人気です。
「焼栗機関車」という専用の機械でその場で焼いているので、実演で白い蒸気が立ち上がります。
それにひかれて多くの人が焼栗を買い求めています。

お店のすぐ横で焼き栗をつくっています。焼き上がるたびにすごい音して蒸気が立ち上がります。

栗は丹波篠山から直送されたもの。ひとつひとつが大きくて、焼き上がった栗はホクホクです。

焼き上がった栗。普通の栗より一回り大きくて美味しそうですね。

値段は、500円(125g)、1000円(280g)、2000円(600g)の3種類。
1000円の袋詰は500円の2.5〜3倍の増量で、お買い得なようです。

容量は3種類。500円の袋で6個ほど入っていました。(栗の大きさで個数は変わってきそうです)
殻からきれいに取り出せるので食べやすいです。ホクホクで美味しい!

この焼栗、週末はいつも行列ができていて、高尾山の新たな人気メニューになりそうです。
食べ歩きに最適な焼栗ですが、高尾山にはゴミ箱がないため、食べ終わったら持ち帰るようにしましょう。
お店でも購入するときに言われますが、地元のお店の高尾山のきれいにしたい心遣いが感じられますね。

お土産も、山菜つまみ、黒豆、山の芋、おそばなどいろんな種類を取り揃えていますので、ぜひお立ち寄りください。

基本情報

住所 東京都八王子市高尾町2208
電話 042-661-2012
営業時間 10:00~16:00位
定休日 毎週火曜日(臨時休業あり)
HP http://www.momijiya-honten.com

とろろそば(うずら卵入り) 980円
天ぷらそば 920円
山菜そば 900円
麦とろめし定食(数量限定) 1330円
手作りおにぎり弁当(数量限定) 550円

焼栗
125g 500円
280g 1000円
600g 2000円